お家デートで発覚した彼の癖~くちゃくちゃウルサイ!!~

先輩男性とお付き合いを始めた私。

彼は42歳でとにかく優しい。
今まで出会った男性の中で一番優しい。


気になるのは年齢差が10歳であるという事。

年齢以外は悪い面は見えない彼でしたが、
お付き合いをしてみると色々と問題が出てくるもんですね~。。


それは彼氏宅でお鍋をした時の事。

一人暮らし歴の長い彼は手際よく食材をカットしお鍋を作ってくれました。

普段お料理をしない私は座って待ってるだけー笑


そして一緒にお鍋を頂いたのですが・・・

彼の口から
「くっちゃくっちゃ・・・」
「ん~!美味しいね!くちゃくちゃ・・・」


・・・・まぢか。
嘘だろ。勘弁してくれや。

まさかこの人、42年間ずーっとくちゃくちゃして生きてきたの!?
と驚き。。

今までは外食でお店の音楽やガヤガヤで気付かなかった。。

歴代の彼女達はどう対応してきたのだろうか・・・?


ここまでくっちゃくちゃ食べている人は初めてだわ~。
今まで誰からも注意された事がないのだろう。

くちゃくちゃに加えて、「ぱこっ」とか空気間のある音も聞こえてくるし・・笑

謎だ。どうやって食べたらそんな音が出てくる?


とにかく食事中は不愉快でした。
お鍋自体は美味しかったけど、食欲なくなりました。

精神疾患がある事をカミングアウト~こんな私でも受け入れてくれますか?~

先輩男性とデートすること7回目。

出会いを求めてパーティーに参加している二人なんだから、
そろそろ付き合う事になっても良いのでは?

デート5回目あたりから手だけ繋いでいたし。

一日でも早く結婚したい私は焦っていた。

でも、私には秘密がある。


それも結構ハードな秘密が。

実は私、20代の前半からずーっと「社会不安障害」という病気に悩まされている。

何それ?聞いたことないし。
って人がほとんどだと思う。

まさか、この楽天家の私が精神疾患に悩まされるなんて。。

しかも現在進行形で!
はぁぁ。。
電車に乗ると汗が止まらなくなったり、
閉鎖的な空間だとお腹の調子が悪くなるし。
だからすぐにトイレに行けないと不安でしょうがなかったり。

精神科でお薬を処方されているので症状は緩和されているし、
誰にも知られたくないから健康なフリをして生きています。


でも、結婚を前提で付き合う事になるであろう彼にはいずれ打ち明けなければならない。。


もしこれで逃げていくのであれば、それはそれで仕方ないな。
私は勇気を振り絞って彼に伝えた。

ひとえ
「実は私、社会不安障害っていう精神的な病気で通院しているんです。」
「人が多いところとか、閉鎖的な空間が苦手で・・・」

先輩男性
「うん。人が多いところ嫌いだもんね」

ひとえ
「はい。生活の為に頑張って仕事はしているけれど、正直辛いし。」
「こんな私だから、先輩男性には負担かけてしまうかも・・・」

先輩男性
「そんなの気にしなくて良いよ」
「そんなに辛いんだったら、贅沢はできないけれど、仕事を辞めて家に入るって選択肢もあるし」

ひとえ
「え?」

先輩男性
「でも本当に贅沢はできないよ」
と言って笑った。

ひとえ
「ありがとう。そう言ってもらえて安心しました。」


まさかこの時代に専業主婦OKなんて言ってくれる男性が生き残っていたなんて!
しかも精神疾患というハードルをスルリと越えてきた。

そしてこの食事後に告白をされてお付き合いをする事となったのでした。


遊ばれてるの?本気なの?アラサーの心を揺さぶる10歳年下の男の子

先輩男性とお食事デートをする事2ヶ月。

先輩男性とこのままお付き合いをして、
良ければ結婚できたら良いな。
という気持ちになっていた私。

そんな時に10歳も年下君からのアプローチがあるなんて。。

年下君は会社の後輩で、22歳。


年下君の気持ちに気付いたのは会社の忘年会の時。

会場を貸し切っての忘年会で、
だいたいの人は部門ごとにまとまっているのだが、
なぜか他部門の年下君が私から離れない笑


私のグラスが空いたら年下君も一緒にバーカウンターまでついてくる。

他の人とお話している時も、チラチラこちらを見ている。

なになになに!?
いきなりどーした!?
これって先輩を落とせるかってゲームか何か?


年下君
「この後どうするの?」

ひとえ
「同じ方向の人と一緒に帰るよ」

年下君
「ふーん」

バイバイした時の年下君の顔は子犬の様でキュンとしてしまいました。


さすがに10歳も年下だと恋愛対象として見ていなかった。
しかも会社の後輩だし。

その後、会社では私と年下君が付き合っているのでは?と噂されてしまうほど。


正直なところ、年下君の方が顔はタイプだし、
子供が欲しい私は、男性もできれば若い方が良い。。

でも、22歳は若すぎるだろ笑

年下君とでは将来のイメージが出来なかった。
なので年下君とはこのまま先輩後輩の関係でいることに決めた。


忘年会の後も何度か年下君とランチをしていた。
年下君は私にアピールしてきたんだけれど、すべてスルーしていた。

すると年下君も脈がないことを理解したのか、

年下君
「ひとえさんにとって俺って、弟みたいなもん?」

ひとえ
「まぁね。後輩はみんな可愛いよ」

年下君
「そっか。分かった」


年下君にはかなり心を揺さぶられたアラサーなのでした。

楽天市場
プロフィール

ひとえ

32歳独身。
婚活中のアラサー女。

基本はとても大人しい性格だが、調子に乗ると毒を吐くため女性からは好かれるが男性は引いてしまう人が多数。

楽天市場